FC2ブログ
さすらい WORLD TOUR  日記
KAZUの FLOW LIFE な旅の記録です。 流れる雲のように・・・音楽動画も紹介中♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

ノーウェアボーイ NOWHERE BOY

This movie was seen. Britain of the 50's is also wonderful.



歌ってなんかいなかった。愛を叫んでいたんだ。
二人の母親に愛され、その愛に傷つき、彼はジョンレノンになった。

この映画は彼の少年時代の生い立ちから、エルビスに出会い、
ジョンがジョンレノンに成っていく過程を描いています。
古い建物が残されている英国だから実現したであろう、
1950年代のリバプールの風景も素晴らしい。

その昔、もう一人のビートルズの初期メンバーである
スチュアート・サトクリフの生涯を描き、
ビートルズがスターダムに上り詰めていく時代を描いた
バックビートと言う映画がありましたが、
このNOWHERE BOYは、ちょうどバックビートで描かれている
直前のジョンを描いています。ブリティッシュ50’S、
ポール、ジョージとの出会い。ビートルズ誕生の瞬間です。



公開中!この映画を見て、またさらにジョンもビートルズも好きになり、
バックビートももう一度見たくなりました。心を揺さぶられる映画です。

Welcome to my blog.
Could you click here once. Thank you.

クリックで救える命がある。


Amazon輸入は オリジナル商品で儲けなさい!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

【2010/11/16 01:50】 | 本・映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

ファクトリー・ガール  Factory Girl

I want to slip to NY in the 1960's time.


ファクトリー・ガール [DVD]

見逃してた映画、DVDで見ました。



60年代アンダーグラウンド・カルチャーの
光と影を体現した伝説のミューズがリアルに蘇る


http://www.factorygirl.jp/index.html

ウォーホルのミューズとなり
ボブ・デュランが曲を捧げ
激しく美しい輝きを放った女性
イーディ・セジウィックのストーリー
ファクトリー・ガール [DVD]



イーディかわいそう・・・

舞台は1960年代のNY。マンハッタン・イーストビレッジ。
アンダーグラウンド・カルチャーだったドラックとアートの街は、
現在は居酒屋、ラーメン屋、Tシャツ屋、お土産やetc・・・が立ち並び、
日本で言う原宿的?な街に変貌していました。


ここにウォーホルのファクトリーがあったらしい

RIMG0398-チェルシーフロント
同名映画にもなってるチェルシーホテル


ファクトリー・ガール [DVD]


プロモーションで使われている曲。



↑ ボブ・ディラン、アンディ・ウォーホールへの
憧れをテーマにした楽曲も興味深い
ボウイのゴージャス・アルバム。(1971年) 


アンディ・ウォーホル来日。1974



↑ 何年も前にこの本を読んだ時、自分自身の中にある
固定観念を取っ払うことで、生まれるものが有ることを学んだ。



バスキアやキース・ヘミングもウォーホルと親交が深かったみたいです。
この時代のNYはやばそう・・・
バスキア [DVD]


この曲はイーディに捧げた曲と言われています・・・
ブロンド・オン・ブロンド

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村 ←クリック宜しくお願いします!!!!!

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2009/02/13 22:22】 | 本・映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

血液型 blood type

What type is your blood type?
Do you believe the fortune-telling on which the blood type depends?



日本では雑談などで「あなたは何型? 」などと血液型の話がよく話題になり、
2008年の年間ベストセラー10冊に文芸社の
「血液型自分の説明書」シリーズ4冊がランクインした。
と本の「血液型性格診断」ブームに関する記事が
多くの米国人に読まれ、反響を呼んでいる。
米大手通信社のAP通信が今月に報じた。

血液型を重要視する考えが国民の間で広く浸透していると紹介している。

血液型の話題になじみのない米国では、「血液型性格診断」や「血液型占い」が
日本で浸透している事実が、興味深く受け止められたようで、
AP通信の記事に対し、掲示板などでユーザーから多くのコメントが寄せられている。
寄せられたコメントには

「たった4種類に人間の性格が分けられるはずがない」や
「日本人はなぜ血液型に固執するの? 」などと、

血液型による性格診断や占いに対しその信憑性を疑問視する内容が目立った。
また「3ヵ月ほど日本にいた時に少なくとも5回以上、血液型をたずねられて驚いた」
という意見もあった。

血液型と気質の関連を科学的な研究対象にしようとする試みは国内で
1900年代前半に当時の医師らによって行われていたが、
結果的に科学的に差異が認められなかった経緯がある。
しかし血液型関連の書籍が多数出版され、
またテレビなどのマスメディアでもさかんに報道されてきたため信じる人も多く、
携帯サイトをはじめ、
血液型占いに関連したコンテンツが数多く流通するなど一つの市場を形成している。

                                 米で驚き?ヤフートピックスより

良く言う相性とか本当はどうなんだろー 性格とかB型は特に言われやすいけど・・・・

アメリカ以外の他の国ではどうなんだろうー 

疑問だー 思い込みだったりして?・・・

国民性、国によっての文化の違いってあるんだなーと改めて思いました。

B型はわがまま?A型は几帳面?O型は親分肌?AB型は個性的?

そんなのかんけーねー だったりして・・・ Trust your voice .



ちらっと読んでみると、そんな気もしてきちゃうから不思議
だから売れるんだろうな?



You Really Got Me



18の祈り?ベスト・オヴ・ジャニス




にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村 ←クリック宜しくお願いします!!!!!

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

【2009/02/09 23:00】 | 本・映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

ザ・ムーン the moon

In the SHADOW of the MOON
I saw this movie yesterday.



昨日 2/1 は映画の日で、何故かこの映画だけ500円。
公開したら見に行こうと思っていたので丁度良かった。
最近はネットで座席を選べ、確保出来るから便利。
どうしても映画館で見たい映画ってやっぱある。
途中ちょっとだけ居眠りしちゃったけど・・・



40年前のドキュメントなんで説明は不要。
何しろ大画面で見たいザ・ムーンであった。



アメリカ映画なので最後に聖書の話しが出てくる。
科学では解明出来ない世界がこの世には存在し、
地球は楽園なのかもしれないと思わせられる。
月から見る地球は本当に美しい。

旧約聖書 といえばキリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖典だけど、
天地創造、アダムとイブが禁断の果実を食べエデンの園からの追放、
ノアの洪水、ソドムの滅亡など、・・・
誰もが一度は耳にしたことのあるような物語はこの旧約聖書
開巻第一の書「創世記」に全ておさめられている。
民族の分布や、系図などいったい何なんだと思うような箇所もある。

旧約聖書 「創世記」 の中で神は7日間で全世界を創造したとしている。



Oasis - Don't Look Back In Anger



ゼア・アンド・ゼン [DVD]




FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2009/02/02 23:23】 | 本・映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

沢木耕太郎 「深夜特急」との出逢い

11月2日、沢木耕太郎氏の講演が有ることを知りなんとなく見に行ってみた。

沢木耕太郎はバックパッカーのバイブルとも言われている「深夜特急(新潮文庫)
の著者だ。この本をきっかけに旅に誘われてしまった人も少なくないはず。

この作品に触れなければきっとインドやネパールには行くことなかった気もする?
わからないけど。。。

テレビドラマ化されていて、劇的紀行 深夜特急 [DVD]
当時そっちを偶然先に見た。大沢たかおが沢木役をこなし、3部作になっている。
活字嫌いな人には、映像の方がいいかもしれない。




11月28日に深夜特急の完結版とも言える「旅する力」と言う本が出版されるようだ。


旅する力ー深夜特急ノート

2時間に渡る講演の内容は、「旅する力」の抜粋なのかもしれないが、
飽きることなく最後まで楽しめた。
ひとつだけ沢木氏が言っていたことをここに残すとすれば、

旅をすると言うと、「自分探しね?」みたいな事を言う人がいるけど、
そうじゃないと、旅をしても自分なんか見つかる訳が無いと、
有るとすれば体験によって自分が変わることなんだと、
言っていたのが印象にのこった。
そしてその時にしか出来ない旅があると・・・旅に教科書はない。


旅する力」そのうち読んでみたい。




人は日々変化していくものなんだと思う。
でも永遠に変わらない部分もまたきっと有る気がする。

一度でもバックパッカーで旅したことがある人なら、
深夜特急」には共感する部分がきっと有ると思う・・・

旅好きな人も旅嫌いな人も、
心揺さぶられたいときはぜひ、これらの作品を見て
自宅にいながら、非日常の世界へトリップしてみるなんて如何でしょうか?

昔、電波少年でやってた猿岩石のアジア紀行も、当時のプロデューサーが、
深夜特急」を読んで思いついたらしい。




GOLDEN BEST 「井上陽水 積荷のない船」






にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

【2008/11/03 23:08】 | 本・映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

プロフィール

かず

Author:かず
FC2ブログへようこそ!
神奈川県生まれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。