さすらい WORLD TOUR  日記
KAZUの FLOW LIFE な旅の記録です。 流れる雲のように・・・音楽動画も紹介中♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

沢木耕太郎 「深夜特急」との出逢い

11月2日、沢木耕太郎氏の講演が有ることを知りなんとなく見に行ってみた。

沢木耕太郎はバックパッカーのバイブルとも言われている「深夜特急(新潮文庫)
の著者だ。この本をきっかけに旅に誘われてしまった人も少なくないはず。

この作品に触れなければきっとインドやネパールには行くことなかった気もする?
わからないけど。。。

テレビドラマ化されていて、劇的紀行 深夜特急 [DVD]
当時そっちを偶然先に見た。大沢たかおが沢木役をこなし、3部作になっている。
活字嫌いな人には、映像の方がいいかもしれない。




11月28日に深夜特急の完結版とも言える「旅する力」と言う本が出版されるようだ。


旅する力ー深夜特急ノート

2時間に渡る講演の内容は、「旅する力」の抜粋なのかもしれないが、
飽きることなく最後まで楽しめた。
ひとつだけ沢木氏が言っていたことをここに残すとすれば、

旅をすると言うと、「自分探しね?」みたいな事を言う人がいるけど、
そうじゃないと、旅をしても自分なんか見つかる訳が無いと、
有るとすれば体験によって自分が変わることなんだと、
言っていたのが印象にのこった。
そしてその時にしか出来ない旅があると・・・旅に教科書はない。


旅する力」そのうち読んでみたい。




人は日々変化していくものなんだと思う。
でも永遠に変わらない部分もまたきっと有る気がする。

一度でもバックパッカーで旅したことがある人なら、
深夜特急」には共感する部分がきっと有ると思う・・・

旅好きな人も旅嫌いな人も、
心揺さぶられたいときはぜひ、これらの作品を見て
自宅にいながら、非日常の世界へトリップしてみるなんて如何でしょうか?

昔、電波少年でやってた猿岩石のアジア紀行も、当時のプロデューサーが、
深夜特急」を読んで思いついたらしい。




GOLDEN BEST 「井上陽水 積荷のない船」






にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

【2008/11/03 23:08】 | 本・映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

プロフィール

かず

Author:かず
FC2ブログへようこそ!
神奈川県生まれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。