さすらい WORLD TOUR  日記
KAZUの FLOW LIFE な旅の記録です。 流れる雲のように・・・音楽動画も紹介中♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

ハノイ路地裏の小さな宿 Tung Trang Hotel

The small hotel in Hanoi
Tung Trang Hotel #301

宿の前 RIMG0546
路地を挟んだ宿の正面に建つ味のある建物

宿 外観 RIMG0563
宿の外観
宿バルコニー2 RIMG0551

宿探しが結構辛く楽しかったりするのですが、
理想に近い感じの宿にめぐり合うとほっとします。
旅の疲れを癒してくれます。20$の贅沢。

宿 全体 RIMG0549
宿 ベット RIMG0552

インターネットで予約すると場所やイメージが、
行ってみるとどうも違かったり、があるので
ここなら人にも奨められる宿だなと思いました。
少しばかりハノイの住民になった気になり、
ラップトップがあれば、部屋でネットも出来ます。

イス アップRIMG0558

寝れればいいやって時と、
なんとなくゆっくりしたい時では宿選びも変わってきます。

宿の家具 RIMG0559

サービスについてはノーコメントとします。
1泊しかしてないし・・・
立地的にもいい場所にあります。
路地裏なので静かだし、夜遅くは真っ暗です。
静まり返った迷路の様な路地の中、
星や月や雲がバルコニーから見えます。

宿窓の光 RIMG0560

Tung Trang Hotel
13 Tam Thuong Aley Way,Hang Bong Str, Hoan Kiem Dist Hanoi Viet Nam
E-mail: tungtranghotel@yahoo.com
Tel: (84-4)828.6267 (84-4)928.7494









↓ Welcome to my blog.
   Could you click here once. Thank you.

↓ ご訪問ありがとうございます☆
  風が届いたら★宜しくお願いします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ベトナム旅行 - ジャンル:旅行

【2009/06/27 16:00】 | ベトナム | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

ハノイ  Hanoi

Hanoi is a capital in Vietnam.

ハノイNO1写真

ホーチミンに比べ、ハノイにはインターネットカフェのような所を
あまり見かけません。ツーリスト向けのミニホテルも
一箇所に固まっているのではなく、散らばっています。(沢山有る)

だいたい宿の1階にはレセプションの他に
インターネットの出来るPCが何台か置いてあるのですが、
ハノイのPCには日本語のフォントが入っていません。
日本語のページを観覧することさえ不可能です。
日本語書き込み不可と言うのは良くありますが、文字化けして観覧も出来ません。

ラップトップを持ち歩く日本人はWi-Fiの可能な宿を探します。
無線を飛ばしていない宿では、ネットできません。

ハノイ初日のメシ30
ハノイで最初に食べた食事

またここでもベトナムピープルにしてやられることがあります。
無線が入ると言うから、宿を決めると、出来なかったりします。
出来ない事でもOK ,OK を直言います。
出来ないから部屋を変えてくれと言っても、
言葉が解らない振りをして流します。
憎めないキャラだったりすると余計に困ります。

ハード(建物)だけそこそこ綺麗でも働いている人々が
教育を何も受けていないような若者だったりします。
勝手な想像ですが安い人件費で田舎の少年を
こき使っているのかな?とか思うと怒る気にはなれません。
それでまた宿を移ることになったりします。

ハノイ路地30

そうするとやっとここで、その部屋はダメだから
部屋を下の階に変えようとか言ってきたりします。
料金がまたここで変わったりします。
さすがに信用しずらいので、出て行ってしまう。

あるゲストハウスの女の子は、
毎日1階レセプションの床で寝ていると言っていました。
もちろんクーラーなんて有りません。
何度か解りませんが、この時期のハノイはかなりの暑さです。
クーラーなしの部屋にも泊まりましたが暑さでダメでした。

さすがにアメリカに勝った国、なかなかどうして
したたかさを兼ね備えて、我が道を精一杯生きています。

ハノイギャラリー

でもこれは全て安宿の話なので、お間違いなく。
万国共通、お金に物を言わせられるなら、
中流以上又は高級ホテルを選べば何の問題も起きないはずです(笑)・・・
きっとそこにはベトナム流1流のサービスが待っていることでしょう。

インド体験者には、インドよりはましと言っておくと伝わるでしょうか?

誰かが言っていました。
インド人は英語が通じるが、気持ちが通じない。
ベトナム人は英語はだめだが、気持ちは通じると・・・

結局ベトナム人も、インド人も、・・・日本人も色々です
僕らの常識で考えても仕方が無い事が沢山有る事に気付きます。






↓ Welcome to my blog.
   Could you click here once. Thank you.

↓ ご訪問ありがとうございます☆
  風が届いたら★宜しくお願いします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村

テーマ:ベトナム旅行 - ジャンル:旅行

【2009/06/23 14:17】 | ベトナム | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

サイゴンとハノイのタクシー事情

From the airport into the town



まず旅先で空港に着くと、街中へ行くという作業が待っています。
何度か訪れている空港なら、勝手が解るけど、
始めて行く街では、緊張のひと時です。
どんな街(国)だろう?と期待と不安が入り交じります。
知らずにタクシーに飛び乗ると、旅の入り口で早速ぼられることがあります。
ホーチミンも適当にタクシーに乗るとぼられます。(白タク経験済)
メーターを改造したターボメーターなんてのもあるらしいので・・・注意です(笑)
初乗りは2?までが12,000(75円位)?14,000(85円位)ドン?です。
(タクシー会社によって異なり、ドル払いも可能)

ベトナム国旗

機内食RIMG0364

安全と言われているのはVinaTaxi(黄色い車体)やTaxiVinasunです。
在住者に定評があるのがMai Linh(マイ リン)グループです。
その他のタクシーは暴利が酷いので極力避けたい所です。(汗)
運賃は空港から安宿街(デタム通り)まで8?10万VND位(480?600円位)でした。
代金にプラスして空港から出るときは5,000VND(30円位)徴収されます
(支払いは降りるとき)。

HEY TAXI

荷物が少ない場合は、エアポートバス152番が最適です。
現在タンソンニャット空港とサイゴン中心部(ベンタイン市場前ロータリー)
を結んでいるのは152番のバスです。料金は3,000(約18円位)ドン。
空港の建物から出て、やや右に進むと横断歩道のような白線の引かれた場所があり、
それを渡ったところがバス停となっています。
バス停といっても看板のような案内板があるだけです。

もしそこにバスが停まっていなくても、少し待てば次のバスがやってきます
(ただし、夜は8時くらいで終了らしい)。バスの車体はエアコンも効いています。
デタム通りも経由して、終点までの時間は25?30分くらいです。
街中から空港へ向かう場合はこの逆でOKです。


ベンタイン市場前、シクロ料金は要交渉、(ぼる)

市内でバイクタクシーを利用する場合は短距離1回5,000ドン?、
貸し切る場合は1時間、1?2$?、料金交渉は乗る前に、(ぼる)

離陸 雲 RIMG0365

離陸 土 RIMG0366
ハノイ離陸シーン
離陸チラ山RIMG0369

ハノイの場合はノイバイ国際空港から市内まで、
約30?所要約40?60分位。

旅行者用のミニバスが運行していて、
US2?3$で街の中心部まで行けます。
(ミニバスは会社によって、人数が集まり次第出発のなので、
タイミングによっては待たされます。)
ホアンキエム湖の南、ベトナム航空オフィス付近が終点です。、
着いた所にバイクタクシーが待ち構えています。
ホテルまで20,000ドン(110円位)で行ってくれます。
本当はもっと安いかも・・・

空港タクシーも街まで一律料金になっているようです。
(料金不明、多分12$とかその位?)
シロタクも声をかけてきます。
(つい懲りずに5$まで下げてみたが・・・)

ハノイBUS看板RIMG0374
目印の看板

ミニバスとタクシーの乗り場はいずれも、
空港出口のすぐ前面にあり、隣り合っています。

荷物の少ないかたは、路線バスもあります。5,000ドン。
17番、Long Bienバスターミナル行きと、
7番、Kim MAバスターミナル行きがあります。
(大きな荷物の場合、乗車拒否される場合があるようです。)
17番の方が大回りで、時間も1時間をオーバーするとの事。
乗り場は空港出口を右に歩いて2分程度の突き当たりで、
バス停の表示はないが、高速道路の橋げた下辺りに人が
集まっている場所です。

ハノイのメジャータクシー会社
TAXI CP, AIRPORT TAXI , HOAN KIEM TAXI . HANOI TAXI .
NOIBAI TAXI . V TAXI . TRIEU QUOC DAT TAXI .の他にも
サイゴンにも沢山いたMai Linh(マイ リン)グループのタクシーを良く見ます。
初乗り料金は会社により異なるようです。










↓ Welcome to my blog.
   Could you click here once. Thank you.

↓ ご訪問ありがとうございます☆
  風が届いたら★宜しくお願いします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村

テーマ:ベトナム旅行 - ジャンル:旅行

【2009/06/19 00:47】 | ベトナム | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

遥か  Much other side

I want to obtain true richness.
It is easy to say. However, it is hard to do.

sora 2
Morning of Ho Chi Minh

聞いた話しだと携帯電話を世界で一番持っているのは香港だそうですが。
例えば中国のGDPも2007年にドイツを抜いたと言います。
軍事費についてはアメリカについで世界第2位になったとの事です。
だからと言って、それだけで裕福なんだな?みたいにはあまり思いません。
急成長には必ず何処かに歪みが生まれるものだし、
心を亡くすと書いて忙しいと言う文字にもなります。(日本がそうであった様に)
お金と心のバランスが取れて初めて豊な生活と言える気がします。
持論ですが、本当の豊かさは数字だけで示せるとも思えません。
そう言った点では欧米の方々はまだまだ豊かさを知っている気がします。
(何人がとかではなく、傾向として)人生を楽しむ才能と言うか?
知的所有権(著作権等)ひとつ取っても、そういったものを無視し続けるうちは、
世界各国から先進国としては認められない気もするし。
例えばベトナムでも日本でうん十万するようなPCソフトのコピーが
100円位で売っていたりします。(買う側はいいけど、笑)

ひとりごとです。悲劇と言うのは、無知な人ではなく、
無知だと言うことを知らない人が起こす気がします。
たまに余計な疑問を持ちます。日本は本当に豊かなんでしょうか?と
答えはきっと・・・今はまだ豊です。
世界中で最も成功した社会主義なんて言われていたり、(民主主義なのに)、
ひとつの政党だけが戦後もうずっと権力を離さなかったりするけど、
なぜならそんな事を考えていられる事自体が豊だとは思うからです。

グローバルで見た場合、平和ボケ、豊ボケ、
これからは意識していこうと思います。
豊でありたい。そして豊であって欲しい。日本、そして自分
まずは本当の豊かさって奴を知らなければ始まらない・・・
イメージさえ出来なければ、人は流されるだけ、
時間の狭間、遅すぎる事はない。
いざ行こう





遥か  GReeeeN

窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立つ
春風 舞い散る桜 憧ればかり強くなってく
「どれだけ寂しくっても 自分で決めた道信じて、、、」
手紙の最後の行が あいつらしくて笑える
「誰かに嘘をつくような人に なってくれるな」 父の願いと
「傷ついたって 笑い飛ばして 傷つけるより全然いいね」 母の愛
あの空 流れる雲 思い脱す あの頃の僕は
人の痛みに気付かず 情けない弱さを隠していた
気付けばいつも誰かに支えられ ここまで歩いた
だから今度は自分が 誰かを支えられるように
「まっすぐにやれ よそ見はするな へたくそでいい」 父の笑顔と
「信じる事は簡単な事 疑うよりも気持ちがいいね」 母の涙
さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って
必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために
本当の強さ 本当の自由 本当の愛と 本当の優しさ
わからないまま進めないから 「自分探す」と心に決めた
春風 想い届けて 涙を優しく包んで
必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために
さようなら しかられる事も少なくなっていくけれど
いつでもそばにいるから 笑顔で帰るから
どれだけ寂しくっても 僕らは歩き続ける
必ず帰るから 想いが風に舞う あなたの誇りになる
いざ行こう



「遥か」も入ってます。いい音楽はいい音で、



音質で選ぶなら、MP3よりCDプレーヤー

ハゲタカと言う作品の影響で、、
たまにはこんなこと書いてみたくなりました(笑)
最後まで読んでくれた方ありがとう☆
ハゲタカ(上) (講談社文庫)



coup d’Etat
Mouth To Mouse
HELL SEE

↓ Welcome to my blog.
   Could you click here once. Thank you.

↓ ご訪問ありがとうございます☆
  風が届いたら★宜しくお願いします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村

テーマ:ベトナム旅行 - ジャンル:旅行

【2009/06/14 01:31】 | ベトナム | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

世界の中のベトナム Vietnam in the world now

Vietnam is developing.

バイクRIMG0151-30

凄まじい発展をとげる中国を横目に、(中身は別として)
事業リスク回避の為、中国への工場の一極集中が見直され、
ベトナムはその受け皿として発展が進んだ所もあるようですが、
21世紀は、BRICs (ブラジル、ロシア、インド、中国)の時代と言われています。
資源のブラジル、ロシア、加工貿易のインド、中国が相乗効果で
爆発的な発展を遂げるらしいとの事ですが、
この4カ国は生産地としてもさることながら消費先としても有望です。
でも、実はベトナムもなんだかんだ言って人口世界上位国です。
しかも人口増加率世界一位だとか。
さらに25歳以下の若者が多く、今現在ファッションや携帯電話を始め
若者の消費意欲が物凄いようです。

それに、BRICsの中でもっともGDPの少ないインドを下回っています。
潜在的な成長力にはかなり余裕がありますので、商才のある方などは、
一時的に儲けるためにベトナムを利用するのもいいかもしれません。

ベトナムの貧富の差は、日本の比ではありません。
富裕層の子供のおこずかいが、工員の給料より高いなんてことが普通に有るわけです。
特に地方と都会の生活の差は驚くものがあります。
日本でもその差はあるにせよその差は比較になりません。

現在の先進国中で2050年のGDP上位国に生き残れるのは
アメリカと日本だけだと言う指摘もあるようです。
果たしてその頃ベトナムはどのあたりに食い込んでいるんでしょうか。

GDPなんて言われてもピンときませんし、
だからどうしたって話しですけど・・・
最近仕入れたマメ知識でした☆

ミステリートレインに乗ってみよう


コンプリート・サン・セッションズ






↓ Welcome to my blog.
   Could you click here once. Thank you.

↓ ご訪問ありがとうございます☆
  風が届くように★宜しくお願いします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村

テーマ:ベトナム旅行 - ジャンル:旅行

【2009/06/09 02:19】 | ベトナム | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |

ベトナムドンでお買い物   It shops with VND.

Let's understand prices of the land.



ベトナムの通貨ドンは桁が大きく最初は解りずらかったりします。
USドルも使えたりするので、相場が混乱したりもするし(お釣りも含め)。

そこを逆手に取って、始めてかな?なんて思われると、
容赦なくふっかけようとする人やタクシードライバーが普通に居たりします。
(みんながそうではありません)



ベトナムドンは一度に沢山両替し過ぎると、後で困るので
上手くUS$の小額紙幣と使い分けるのもいいかもしれません。

US$で言われた金額をベトナムドンで支払うには$に×18かけて000を付けます。
例えば、US10$をドンで支払う場合、10×18=180、に000を付けて
US10ドル=180,000ドンになります。

ではベトナムドンで表示された金額を、日本円でどれ位か知りたい時は、
例えば180,000ドンの場合、今は円が高いので、
180,000から00を取って、1800×0.55位で計算すると、
990円位という目安にはなります。

タクシーメーター

タクシーメーターはこんな感じに表示されます。(例14,000ドン)
これも知らないと最初わかりずらい。

ちなみに今は10,000円をベトナムドンに両替すると
1円=183ドンとして1,830,000ドン位になります。
(2009,6月4日、現在)



2008年11月トランジットで初めてホーチミンを訪れた時は1円=171ドン位でした。








↓ Welcome to my blog.
   Could you click here once. Thank you.

↓ ご訪問ありがとうございます☆
  風が届いたら★宜しくお願いします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ
にほんブログ村

テーマ:ベトナム旅行 - ジャンル:旅行

【2009/06/04 23:07】 | ベトナム | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

プロフィール

かず

Author:かず
FC2ブログへようこそ!
神奈川県生まれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。